喜多方ラーメン坂内は締めの一杯にオススメ!飲んだ後に優しく胃を満たしてくれますよ

スポンサーリンク
グルメ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、上京ブロガーの あき です。

東京に来てから、取引先との夜の会食の機会や、会社の同僚と帰りにちょっと一杯やろうって機会が増えました。

今の若者がそうかは知りませんが、僕は今でも酒を飲んだ後は締めの一杯のラーメンが食べたくなる派です!

僕も30代中盤の身ですから、健康や肥満のことを考えれば、締めの一杯なんて止めておけばいいんですが、たまにどうしても食べたくなる時があります。

先日も、都心で夜の会食が終わってすんなり家に帰ればいいものを、むしょうにラーメンが食べたくなってしまったので、ふらっと寄ってしまいました。

それがとっても美味しかったので、愚かな行いでしたがシェアします!

喜多方ラーメン坂内

ふらっと立ち寄ったのが喜多方ラーメン坂内です。

喜多方ラーメン 坂内

昨年まで福岡県に住んでいた人間には喜多方ラーメンって普段食べる機会が全くなかったんで入ってみました。

あっさり醤油味の澄んだスープが最高!

メニュー表には結構色んな種類が載ってましたが、喜多方ラーメン初心者は素直に定番の喜多方ラーメンをチョイス。

喜多方ラーメン 坂内

1杯が650円だから、東京で食べるラーメンでは安いほうだと思います。

そして出てきた喜多方ラーメンがこれ!

喜多方ラーメン 坂内

澄んだ醤油スープって、福岡のローカルラーメン店ではお目にかかることがまずありません!

昨今のラーメンブームで福岡県にも色んなラーメン店が進出してますけど、ちょっと前までは九州全域、ラーメンといえば豚骨ラーメン一択でしたから。

この醤油スープの優しい味は、飲んだ後の胃を優しく満たしてくれました!

うまい!

チャーシューもトロトロで食べ応えもあります。

ただ、上京生活2年目の東京初心者には塩味がちょっと効きすぎてる感がありました。

福岡県は甘口文化ですからね。

でもこの優しいスープは、締めの一杯には喜多方ラーメンって最高なんじゃないと思います!

メニュー表にも毎日食べられるラーメンってある通りで、この優しい味であれば納得ですね^^

喜多方ラーメン 坂内

喜多方ラーメンって?

僕にとっては喜多方ラーメンって全く馴染みがないので、そもそも喜多方ラーメンをよく知らなかったので少し勉強。

喜多方ラーメン(きたかたラーメン)とは、福島県喜多方市発祥のご当地ラーメン(ご当地グルメ)である。
2006年(平成18年)1月の市町村合併前の旧喜多方市では人口37,000人あまりに対し120軒ほどのラーメン店があり、対人口比の店舗数では日本一であった。札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられている。
特徴は、スープは醤油味の透明な豚骨スープが基本で、あっさりした味わいである。豚骨のベースと煮干しのベースを別々に作り、それらをブレンドしたものを提供する店もある。醤油味がベースだが、店によっては塩味や味噌仕立てなど千差万別である。 麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、幅は約4mmの太麺で切刃番手は12番および14番のが使われ、独特の縮れがあり、食感は柔らかい。具はチャーシューを主として、ねぎ、メンマ、なるとなどが一般的な構成である。

引用:Wikipedia

喜多方ラーメンって日本三大ラーメンの一つなんですね!

その喜多方ラーメンでもっとも有名なお店の一つが坂内食堂だそうです。

坂内食堂は昭和33年創業の老舗で、喜多方ラーメン坂内はその姉妹店なんだそうです。

喜多方ラーメン 坂内

凄く手広くやられますな。

まとめ

喜多方ラーメン坂内は澄んだ醬油ベースと平打ちちぢれ麺が特徴で、その優しい味が飲んだ後の締めの一杯にベストマッチ!

飲んだ後の胃を優しく満たしてくれるので、締めの一杯にはいいラーメンでした。

関東圏にたくさんのフランチャイズ店舗が展開されているので、近くで見つけられてた際には立ち寄ってみては如何でしょうか^^

 

ランキング参加中です!
応援クリックお願いします!
ポチッと押してください!
クリックしていただけるとブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました