【リハビリ日記①】骨折して手首を固定してたら固まった!

スポンサーリンク
骨折 上京生活
この記事は約2分で読めます。

骨折

2018年年末に右手舟状骨を骨折してしまって手術をしました。

手術は無事に成功して、僕はボルトが埋め込まれた改造人間になったのです(笑)

ただ右手首を約1ヵ月の間固定していたので筋肉などが硬直して手首が固まってしまいました。

これのリハビリがめちゃくちゃ痛いです!

せっかくブログを書いているのでリハビリ日記を付けていくことにします。

手首が元通り曲がるようになるのがゴールです。

これが初回になります。

下が術後2週間固定した後の僕の右手首です。

 

写真を撮る前に、病院で手首を固定していた添木をとって、その足でリハビリ科に行って初回リハビリを受けてきました。

作業療法士の方と一緒にリハビリしてきましたが、まあ動かないですね。

技士の方に固まった手首を丁寧に曲げてもらいましたけど、泣きそうになるぐらい痛かったです。

そして可動域を確認しましたが、今の可動域は前後45°ずつしか動きましせんでした。

45℃って結構動きそうな気がするかもしれませんが、家に帰って自分で精一杯動かしても見た目の変化ってほとんどないんですよ。。。

手の甲側に反らせるのを背屈(はいくつ)、手のひら側に反らせるのを掌屈(しょうくつ)と呼ぶそうですが、帰宅後の背屈・掌屈がこれ。

  

左の写真が背屈で右の写真が掌屈。

掌屈はなんとなく曲がってるんですが、背屈の方は自力ではまだほとんど動きません(涙)

比較対象として怪我をしていない左手の背屈と掌屈がこれ。

  

見比べると全然違いますね。

でもこれがスタートです。

痛いけど頑張ります!

ランキング参加中です!
応援クリックお願いします!
ポチッと押してください!
クリックしていただけるとブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. 吉田 より:

    こんにちは。
    その後の回復はいかがですか。リハビリ大変ですね。
    私も2月に手首屈折しました。
    2ヶ月近くなりますが手首の可動域が上下合わせ60度程です。
    近々のリハビリ状況を知りたいです。

    • あき より:

      こんにちは。
      当ブログにお越しいただき、またコメントを頂き誠にありがとうございます。
      最近ブログを更新できていなくて恐縮ですが、手首の怪我はお陰様で順調に回復しています。
      怪我をしてから約4か月が経ちますが、掌屈は怪我前と同程度まで回復しました。
      背屈はまだ完全に元通りとまではいっていませんが、もう日常生活に支障をきたす程ではありませんよ。
      可動域60°程度であればまだまだリハビリがキツイとお察ししますが、リハビリを続けれ必ず動くようになるので心配ご無用です!
      怪我をして回復した私が言うのですから間違いありません!!
      近日ブログも更新しますので、またご覧いただければ幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました