通勤に音楽がないと体感時間が全然違う!イヤホンを忘れて気付きました

スポンサーリンク
電車 車内 上京生活
この記事は約3分で読めます。

電車 駅 ホーム

こんにちは、上京ブロガーの あき です。

東京は6月で梅雨が明けてしまったんで7月頭から夏本番の暑さが続いています。

これでセミが鳴きはじめたらもう暑さ倍増ですね。

でも、電車内は冷房の温度設定が間違ってるんじゃないかってぐらい冷えてるときもありますから、体調管理は大変だと思います。

つい最近も寒くてひとり電車内で震えていました(汗)

そんなこんなで上京してから1年が経ち、先月からは東京都民歴2年目に突入したんですが、変わらず電車通勤でサラリーマン生活を送っています。

そんな中の先日、たまたまスマホ用のイヤホンを家に忘れてしまって、久しぶりに音を聴く術がなく電車通勤したら、思いがけず気付かされることがあったので記事にします。

通勤に音楽がないと時間経過が遅く感じる

それは、通勤時に音楽が聴けるか聴けないかによって、いつもと同じ通勤時間なのに体が感じる体感時間が全然違うってことです!

ビックリしました!

音楽がないだけなんですが、その日は電車に乗っている時間がやたらと長く感じるんです。

ただでさえ短くない通勤時間、感覚的に長くなってもらうのは嬉しくありませんよね 。

たった1日イヤホンを忘れただけも気付くことがあるってことは、ある意味おもしろい出来事ではあるんですが・・・。

その日の夜は、帰ってからすぐ忘れな内にイヤホンを通勤バッグに入れました!

また通勤途中にはオーディブルもオススメです。

参考記事:満員電車のストレス軽減にアマゾンのオーディブル(audible)はオススメですよ!

音楽って医学的にもいいことがいっぱい

音楽を聴くことって医学的にもいいことがいっぱいあるんですよね。

ヒーリング音楽とか流行ったこともありましたし。

調べてみるとたくさんの効果が確認されてましたが、ざっとあげると

  • リラックス効果
  • 安眠効果
  • 集中を高めてくれる
  • 気分が良くなる(脳から気持ちが良くなる成分=ドーパミンが放出される)
  • ストレス抑制効果(心拍数を抑えてくれる)

なんかがあります。

今回、僕がイヤホンを忘れて通勤時間が長く感じたのは、上記のストレス抑制効果が働いていなかったために、いつもよりストレスを感じていたからかもしれません。

まとめ

音楽を聴くことは人間の体にとって色々と良い効果が得られることが医学的にも証明されていますので、通勤時には自分の好みの音楽を聴きながらストレスフリーに努めてはいかがでしょうか。

ただし、イヤホンを忘れると音楽が聴けずいつもより通勤時間が長く感じてしまう恐れもあるため、毎朝持ち物チェックしてから出かけることをオススメします(笑)

 

ランキング参加中です!
応援クリックお願いします!
ポチッと押してください!
クリックしていただけるとブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました